1日目終了。「 第52回日本PT学術大会 」筋膜マニピュレーションの企画は気になった?

投稿日: カテゴリー: ニュース
LINEで送る
Pocket



[ スポンサードリンク ]



 

 

1日目を終えて。第52回日本理学療法学術大会

 

本日(2017年5月12日金曜日)は、

 

2017年の理学療法士(PT)の全国学会をチェック

 

の記事でも紹介させていただいたように公益社団法人日本理学療法士協会(PT協会)主催の2017年(平成29年)の理学療法士の全国学会の第52回日本理学療法学術大会の初日ですね。

 

[ 第52回日本理学療法学術大会 ]

 

日程の予定

:2017年(平成29年)5月12日(金)~5月14日(日)

 

 

1日目の学術大会に参加された方や、発表された方などはお疲れ様でした。

 

 

朝から様々なセッションや、発表などがあったのではないかと思いますが、1日目の気になる企画として、

 

筋膜マニピュレーションの理論と実際:産学連携セッション

 

に注目されていた、理学療法士の方も多いのではないかと思います。

 

 

 

筋膜(Fascia)」

 

というと、そうです。

 

竹井 仁(タケイ ヒトシ)教授

 

ですね。最近では、テレビや、一般書籍などで、一般の方にも

 

筋膜リリース

 

という言葉が浸透しはじめてきているのではないかと思いますが、一過性のブームで終わらないことを陰ながら期待していきたいと思います。

 

 

自分自身も筋膜リリースの考え方を学ぶために購入したのですが、

 

自分でできる! 筋膜リリースパーフェクトガイド
筋膜博士が教える決定版
竹井 仁(著)
出版社:自由国民社 2016年6月刊行

自分でできる! 筋膜リリースパーフェクトガイド──筋膜博士が教える決定版

 

の書籍は、Amazon.co.jpの商品ページを見ていただくとわかるように、着々とレビュー数が増えてきているようですね。(2017年5月12日確認時点の情報です)

▶︎ Amazon.co.jpで詳しく見てみる

自分でできる! 筋膜リリースパーフェクトガイド──筋膜博士が教える決定版

 

この書籍は、一般書として刊行されているようですので、分かりやすい書籍ではないかと思います。
その他にも書籍の構造自体も工夫されており、書籍の作りにこだわりのある方にとっても、面白い書籍なのではないかと思います。
(特に、グイッと書籍を開いた際に、他の一般的な書籍との違いを感じるのではないかと思いますよ。)

 

 

その他に、筋膜リリース関連の情報を調べてみると

 

筋膜リリース~その理論から治療手順まで~
竹井 仁(実技・解説)

ME74 筋膜リリース~その理論から治療手順まで~

ME74-1:基礎編(筋膜リリースの理論)

ME74-2:技術編(筋膜リリースのテクニック)

ME74-3:骨盤帯機能異常治療編

▶︎ Amazon.co.jpで詳しく見てみる

ME74 筋膜リリース~その理論から治療手順まで~

 

 

ME83 筋膜リリース「治療編」~その理論から治療手順まで~
竹井 仁(実技・解説)

ME83 筋膜リリース「治療編」~その理論から治療手順まで~

ME83-1:頭頸部・顎関節機能異常編

ME83-2:頭蓋・仙骨部機能異常編1

ME83-3:頭蓋・仙骨部機能異常編2

▶︎ Amazon.co.jpで詳しく見てみる

ME83 筋膜リリース「治療編」~その理論から治療手順まで~

 

などの動画講座も販売されているようです。関心のある方は、リンク先で詳細をチェックしてみてください。新人の理学療法士の方をはじめとして、学びたい専門家の方にとっては、こういった動画での講座はありがたいですね。

 

 

 

今夜は、臨床や研究生活を忘れて理学療法士の未来について語り合う?

 

今回の学術大会に参加されている方の中には、様々な背景や目的を持たれた方が参加されているのではないかと思いますが、普段の臨床現場や研究環境から離れることにより、いつもとは、また違った気分で理学療法士のことなどについて考える時間が持てるのではないかと思います。

 

気の知れた仲間達と、ちょっと真面目な話をしてみたり、学術大会で初めて出会った方と語り合ってみたりと・・・・

 

いいですね。

 

 

 

 

 

[ スポンサードリンク ]



 

 

 

 

by PT・OT・STニュース.blog

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket