第52回OT国試午前 設問No.34 – スプリンティング肢位:熱傷(深達性II度:手背熱傷)で正しいのは?

投稿日: カテゴリー: 第52回OT国試の過去問
LINEで送る
Pocket



[ スポンサードリンク ]



 

 

OT国試午前設問No.34 – 熱傷(深達性II度:手背熱傷)のスプリンティング肢位で正しいのは?
第52回作業療法士国家試験の過去問

 

第52回作業療法士国家試験の午前の問題「 設問No.34 」の問題と正当(解答)の動画です。

 

・ 問題文:1分程表示
・ 正当:5秒程表示

 

動画で表示される問題では、問題では、 手背の熱傷(深達性II度熱傷)に対する急性期のスプリンティング肢位について問われています。

 

熱傷に関しては、

 

・ 手背面の熱傷

・ 手掌面の熱傷

 

などにより、指のスプリンティング肢位に違いがあります。国家試験対策としては、イラストなどのイメージで、スプリンティング肢位を覚えておくといいかもしれませんね。
また、熱傷後は、痛みを回避・軽減させる肢位となりやすいため拘縮などの原因となりやすいようです。

 

 

 

 

このサイトのビデオチャンネルをYouTubeに開設しています。
YouTubeのチャンネルでは、第52回OT国家試験の過去問に関連する動画も投稿中ですので、日々の学習にお役立てください。

 

PT・OT・STニュース.blogのビデオチャンネル | YouTubeチャンネルページへ

 

 

 

 

 

 

 

[ スポンサードリンク ]



 

 

 

 

by PT・OT・STニュース.blog

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket