無料で「 第52回作業療法士(OT)国家試験の問題と正当 」をチェック!

投稿日: カテゴリー: ニュース作業療法士国家試験
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket



[ スポンサードリンク ]



 

 

第52回作業療法士国家試験の問題と正当(過去問)をチェックしよう!

 

作業療法士(OT)の国家試験に関連しそうな情報を調べてみると、2017年(平成29年)4月27日(木)の厚生労働省の新着情報として、

 

第52回理学療法士国家試験、第52回作業療法士国家試験の問題および正答について

出典
:厚生労働省のウェブサイト
 2017年4月27日付の新着情報
 第52回理学療法士国家試験、第52回作業療法士国家試験の問題および正答について
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/topics/tp170425-08_09.html
 2017年4月29日利用

 

が公開されているようでした。

 

 

作業療法士の養成校の学生の方や、将来の進路を作業療法士にしようか検討中の高校生の方などは、もうチェックされましたか?

 

現役で、作業療法士として働かれている方の中には、学生の指導者(スパーバイザー・バイザー)になる機会もあり、現在の作業療法士の学生がどのようなことを学んでいるか知りたい方や、国家試験の問題でどのような設問が出ているのか知りたい方もいるのではないかと思います。

 

ただ、日々の自己研鑽で、自己投資に勤しんでいらっしゃる臨床家としては、

 

できれば過去問は、無料で欲しい・・・

 

というのが本音なのではないかと思います。

 

 

今回公開されている情報では、なんと今年(平成29年:2017年)の作業療法士の国家試験問題(午前・午後)と、国家試験の正当も、無料でPDFを取得できるようになっているようでしたので、国家試験の問題と正当がきになる方は、早速チェックしてみてくださいね。

 

 

 

情報収集の利便性を考え、このページからも国家試験問題と正当が閲覧できるように、厚生労働省で公開されている該当リンクを掲載しておきますので、必要に応じて以下のリンクもご活用ください。

 

 

 

[ 第52回作業療法士国家試験問題へのリンク ]

出典
:厚生労働省のウェブサイト
 2017年4月27日付の新着情報
 第52回理学療法士国家試験、第52回作業療法士国家試験の問題および正答について
 2017年4月29日利用

・ 午前 問題(PDF)
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/topics/dl/tp170425-09a_01.pdf

・ 午前 問題 別冊(PDF)
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/topics/dl/tp170425-09a_02.pdf

・ 午後 問題(PDF)
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/topics/dl/tp170425-09b_01.pdf

・ 午後 問題 別冊(PDF)
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/topics/dl/tp170425-09b_02.pdf

 

 

[ 第52回作業療法士国家試験の正当(解答)へのリンク ]

出典
:厚生労働省のウェブサイト
 2017年4月27日付の新着情報
 第52回理学療法士国家試験、第52回作業療法士国家試験の問題および正答について
 2017年4月29日利用

 

・ 正答(PDF)
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/topics/dl/tp170425-09seitou.pdf

 

 

 

来年(2018年・平成30年)の第53回作業療法士国家試験を受験される方は、この記事を初回投稿時点では、まだ本格的に国試対策はされていない方が大半ではないかと思いますが、今からドキドキですね。
まずは、無事に、臨床実習、卒業研究(大学の養成校の方)、授業の単位取得をクリアできるといいですね。

 

作業療法士養成校の最終学年の方は、盛りだくさんの1年になりそうですね。

 

実習地によっては、大変かと思いますが、長い目で見たらいい経験になるのでしょうか?
臨床実習指導者の方も、お仕事でお忙しい中、自分に余裕のない方もいるのではないかと思いますが、自分の若かりし頃を思い出しつつ、優しく指導してあげてくださいね。

 

 

臨床実習指導者は、もし、怒りがこみ上げてきたら、

 

・ 一旦、頭の中で10秒数えて、呼吸を整えて。

・ そして、怒りを感じていることを認識し、まずは受け入れて。

・ あなたが落ち着いたら、話しかけてあげてください。

 

それでは検討を祈ります。

 

 

 

 

 

[ スポンサードリンク ]



 

 

 

 

by PT・OT・STニュース.blog

 

 

 

 

 

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket