[ 2017年版 ] 理学療法士・作業療法士の行政処分を知る。

投稿日: カテゴリー: ニュース
LINEで送る
Pocket



[ スポンサードリンク ]



 

 

理学療法士・作業療法士という社会的立場の自覚

 

この記事に関心のある方は、理学療法士(PT)・作業療法士(OT)の志望者や、その親御さん、PT・OT養成校の学生、PT・OT資格取得者の方なのではないかと思いますが、厚生労働省の審議会の1つに

 

医道審議会:理学療法士作業療法士倫理部会

出典:
厚生労働省のウェブサイト
医道審議会 (理学療法士作業療法士倫理部会)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-idou.html?tid=127801
2017年4月17日利用

 

という審議会があることをご存知でしょうか?

 

 

上記の出典のリンク先を見ていただくと分かると思うのですが、2016年(平成28年)に引き続き、2017年(平成29年)にも、行政処分の対象となられた方がいるようでしたので、取り上げさせていただきたいと思います。

 

 

 

2017年3月14日 医道審議会理学療法士作業療法士分科会理学療法士作業療法士倫理部会議事要旨

出典:
厚生労働省のウェブサイト
医道審議会 (理学療法士作業療法士倫理部会)

2017年3月14日 医道審議会理学療法士作業療法士分科会理学療法士作業療法士倫理部会議事要旨
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000156136.html
2017年4月17日利用

 

上記の出典のリンク先で、議事の詳細を確認していただくと分かるのではないかと思いますが、今回は、理学療法士の方が行政処分・指導などの対象となられたようです。

 

 

理学療法士・作業療法士の方々は、療法士であるととも、一人の人間です。
今後、資格取得者の増加に伴い、様々な行政処分の事例が出てくるのではないかと予測されますが、国家資格取得者ということもあり、社会的な立場を自覚しつつ、日々の自分の行いには、客観的な視点も、身に付けたいものですね。

 

 

今後、

 

医道審議会 :理学療法士作業療法士倫理部会

 

で、新たな行政処分の事例が出てこないことを期待したいと思います。

 

 

 

 

[ スポンサードリンク ]



 

 

 

 

by PT・OT・STニュース.blog

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket