PT・OT・STニュース.blogは考える。言語聴覚士(ST)への期待と私見

投稿日: カテゴリー: 特別企画コンテンツ
LINEで送る
Pocket



[ スポンサードリンク ]



 

 

記事の閲覧ありがとうございます。

 

この記事を訪問してくださったということは、

 

STに期待されていることは何なのか知りたい

今の時代のSTとして何かできることはないか?

漠然とST教育や研究、臨床現場でモヤモヤしたものを抱えているものの、

 自分がこの先何をしていきたいのかわからない...

 

などと疑問や問題意識を抱えつつも、

 

STとして、関わる方のお役に立ち続けたい!

 

と考えてくださっている方なのではないかと思います。他者の視点・意見にも興味を持ってくださるSTの方の参考になることがありましたら幸いです。

 

言語聴覚士(ST)が毎年「 千五百〜二千人(1,500〜2,000人)」の規模で増えている現代ではありますが、以下に、「 PT・OT・STニュース.blog 」なりの私的見解(私見)について、想いをまとめておきたいと思います。

 

 

PT・OT・STニュース.blogは考える。現代の時代の流れとは?

 

最近では、家庭で、保育園・幼稚園・小学校低学年などの子供が、親のスマートフォン(スマホ)や、iPadなどのタブレット端末で、YouTubeなどの動画投稿サイトを楽しむことも増えてきているようですね。現代は、学生の段階から、iPhone(アイフォーン)・Android(アンドロイド)などのモバイル端末を始めとする、スマートフォン(スマホ)を多くの方が保有するようになってきており、今後の日本の行く末を考える上でも、アプリケーションを使いこなしたり、ソフトウェアのプログラミングの視点などは、重要な位置付けになってきそうな予感を感じさせられますね。2020年からは、小学校段階からのプログラミング教育も始まるそうであり、時代の変化を身に染みて感じます。

 

現時点では、地域で暮らされている高齢の方などでは、モバイル端末を使われない方も多いのではないかと思いますが、今後、みんなが当たり前のように持っているものを支援に活かせる視点があると、オリジナルのサービスを発想できる一助になるのではないかと感じています。

 

 

PT・OT・STニュース.blogは考える。言語聴覚士(ST)への期待と私的見解

 

スマホアプリを始めとしたアプリケーション(ソフトウェア)をプログラミングできたり、活用できるSTの方が増えてくることで、より有益な支援につなげられる可能性が拡がるのではないか?

 

という漠然とした思いがあります。

 

STの方にとっては、日々の臨床のルーティン業務で必要とされる摂食・嚥下関連の知識や技術、失語症や発達障がいの子などへの認知リハビリテーション、コミュニケーション技法練習などの学習に加え、情報端末を活用したリハビリテーション領域の開拓に関心を持たれる方が増えることを陰ながら期待していきたいと思います。

 

 

 

 

[ スポンサードリンク ]



 

 

 

 

by PT・OT・STニュース.blog

 

 

 

 

 

 

 

 

ST関連のアプリに関心のある方は、こちらの記事もチェックしてみてください。

Voice4uとは?| 発達支援領域の言語聴覚士(ST)が知りたい、VOCAコミュニケーションアプリの話。

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket